バナー掲出装置

TK banner systems

懸垂幕装置TK式ガイドレール

できる限りのシステム化がアルミ押出成型材により可能になりました。
構造耐力、耐蝕性も、ステンレス製品と同等以上の懸垂幕昇降装置です。
現場での作業性、安全性にすぐれ、施工マニュアルに従って組み立て、取り付けも容易にできます。
建物の立面図、矩計図、詳細図等をいただければ、プランニング、積算、図面作成までご相談させていただきます。

TK-ALガイドレール仕様(実用新案登録)

​耐久性に優れていて

地震でも問題ありません

ガイドレール用に構造計算を行い開発されたアルミの押出成形材です。
材質は押出性、耐蝕性、耐応力にすぐれたA6063-T5(厚味4m/m)を使用しています。

 

ジョイント部にファスナーとアライニングピンを使用することで

レールの変形や振動を吸収させる構造とし、熱膨張や地震等の問題を解決しました。
レール、ジョイントを4mピッチで固定することを可能にし、風荷重に対しても万全です。
ブラケット、ジョイントファスナー、アライニングピンなど付属部品も

アルミ構造用材を使用し、全てボルトによる組立構造として作業性、加工制度を高めています。


表面処理9μのアルマイト仕上げ、標準色はシルバーです。(ご要望の色に焼付塗装も可能です)

昇降バトン装置

ビルや商業施設のエントランス・吹き抜けにバナー等を掲出することが可能になります。

​天井が高く掲出が困難な場所にも、昇降バトン装置を設置することによって、簡易に取り付けが出来るため、高所での危険な作業や、高額な取付費を減らすことが出来ます。

モーターが巻上機を動かし、ワイヤーを操作する事でバトンが昇降します。

バトンは、リモコンで操作することによりバナー等の見栄えや演出を確認出来、任意の場所に昇降可能です。

​簡易な手動式の昇降バトンも設置可能です。